翻車魚的戯言 -Mambow’s Hooey-

Vape(電子タバコ)の事を中心に、くだらなくてどうでもいい日常をダラダラと綴ってます。

焼きまんじゅう風パン

スーパーマーケットではセール品をチェックするのが習慣になってます。


主婦かっ!


って感じですけど、共働きな私達にとっては時間が空いているほうが買い物やら料理やら家事をする事になってます。


これも私が安月給な為、嫁さんに働いてもらってるせいな訳で、情けない話しでもあります。




…。はぁ…また貧乏生活苦労話になってしまった Orz




誰でもいいから私に金を援助してくれ!(傲慢か




で(笑


この日は「焼きまんじゅう風パン」を見つけました。



焼きまんじゅうってぇのは群馬のB級グルメ的な昔からある食べ物でして


…あ、焼きまんじゅうの話し、前にもした事あるな(^^ゞ




んじゃあ、パンの袋に写っている群馬のマスコットキャラクターぐんまちゃん」の話しでも(笑


個人的には全国のゆるキャラの中ではダントツに可愛いと思うんですよね。


ただ、可愛いだけでインパクトに欠けますが。


悪く言えば印象が薄いキャラクター!


流石、群馬県


2008年の地域ブランド力ランキング最下位になっただけの事はある!(爆




…ふぅ。Orz




…。


そんな感じで、焼きまんじゅう、好きなんですよね(話しを無理やり戻してみる


お祭りとかにも屋台が出ているので良く食べます。



写真で見ると、なんかグロいな(笑


味もなんかパっサパサしてるし。


こりゃ売れ残ってセール品になるわなぁ( ´_ゝ`)


生地がパンになっただけなので、美味しければまた買おう、なんてちょっと期待してたんですけどね。


本当にただ単に生地がパンになっただけで、パン自体は普通のパンの味。


でもちゃんと焼きまんじゅうのタレの味がします。


でもパンがパっサパ(略*1




毎日JPより

焼きまんじゅう風ぱん:山崎製パンと群馬の女子高生が共同企画 きょうから北関東3県で発売 /茨城


◇みそタレと生地の相性良く
大手製パンメーカーの山崎製パン古河工場=古河市丘里=が27日から、群馬県の女子高校生と共同企画したパン「焼きまんじゅう風ぱん」を北関東3県で発売する。
群馬名物の「焼きまんじゅう」をイメージしたもので、高校生との共同企画は初めてという。
企画したのは、群馬県太田市立商業高校情報科3年の松沢芽依さん(18)と森本愛理さん(18)の2人。
焼きまんじゅうを通じて群馬をPRし、観光客に来てほしいとの願いで、同社に提案した。
焼きまんじゅうは小麦粉に麹を混ぜて蒸して竹串に刺し、みそタレを塗って焼いたもの。
2人は製品試作段階から参加し、子どものころから慣れ親しんだみそタレにこだわり、甘すぎず、香り、とろみなどを忠実に再現できるよう、多くの注文を出した。
パン生地も、焼きまんじゅうの食感に近い複数のパンから慎重に選んだという。
工場側も最も苦労したのは味付け。
みそタレは2人の注文を最大限反映させて濃厚でうまみのある味に仕上げた。
パン生地は保水性を一定程度に抑え、焼きまんじゅうに近く、たれと相性の良い食感にできたという。
商品化が実現したことについて、松沢さんは「責任の重さを感じます」と緊張の面持ち。
森本さんは「販売が楽しみです」と喜びを語った。
指導に当たった同校の村山崇教諭は「何事にも本気で取り組み、失敗を恐れずこれからの人生を歩んでほしい」とエールを送った。


群馬経済新聞より
群馬経済新聞




mambow.hatenablog.com


www.jiji.com

*1:ネットで調べてみたら、オーブン等でちょっとローストしたほうが美味しくなるらしい。─が、既に販売終了しているので試す事無く店頭から姿を消しました。

広告を非表示にする